FC2ブログ

【我らが慶尚北道!㉑】最終回~義城ニンニク体験センターでニンニク尽しの昼食を~旅の終わり

【我らが慶尚北道!⑳】ツアー最後の地・義城郡。韓国最高ブランドのニンニク卸売市場へ。からの続きです。



慶尚北道グルメツアー、最後にやって来たのはこちら。
「義城ニンニク6次産業複合体験センター(의성마늘 6 차 산업복합체험센터)」180701

義城ニンニクの広報施設です。





入ってすぐのところにある体験室。
ここでニンニクの調理実習などをするのでしょうかね。
180701

180701






平昌五輪で一躍有名になった女子カーリングチーム。
彼女たちもここ義城の出身なのです。
(メガネ先輩がこの写真ではメガネをかけていませんね。)
180701





こちらは特産品の販売場。
180701

180701





この体験センターの館長さんが我々を出迎えてくれました。
180701





黒にんにくエキス。
かなりの効き目がありそうですね。
180701





黒にんにくドレッシング。
180701





黒にんにくビール(!)
まだ試作品の段階で、流通されていないそうです。
180701





さぁ、いよいよ今回のツアー最後の食事となります。
この日このセンター内に新規オープンしたという「マカガーリック(마카갈릭)」
180701

180701





なんと、食事の前に先ほどの黒にんにくビールを試飲させていただける事に!
180701





おっとっと、こりゃすみません(^^)
黒いですね。
180701




ブロガー・スタッフ全員で最後の乾杯!
180701

熟成させてある黒にんにくなので、いわゆるにんにく臭は一切ありません。
ライトな黒ビールといったところでしょうか?飲みやすいです。




そして食事に。
メニュー左上の「マヌルトッカルビ(마늘떡갈비)」をいただきます。
180701





ハナビラタケのサラダ(ウニボソッセルロドゥ/은희버섯샐러드)
柚子ソースをかけていただきます。
180701





鶏足の煮凝り(タッパルピョニュク/닭발편육)
これはかなり辛かったです。額に汗をかきながらいただきました。
ビールのアテには最高ですね。
180701






キクラゲのサラダ(モギポソッセルロドゥ/목이버섯샐러드)
ニンニクとエゴマのソースがかかっています。
一口食べると先ほどの鶏足の煮凝りの辛味が中和されていきます(^^)
21_2018100322212744a.jpg





黒ニンニクの煮凝り(フンマヌルムク/흔마늘묵)
シイタケ、エノキ、ニンジンの具を黒ニンニクのゼリーで固めています。
22_2018100322212848d.jpg





揚げニンニク(マヌルティギム/마늘튀김)
これまたビールのアテにも最適。
23_201810032221309ec.jpg





そして今回の食事のメインディッシュ「ニンニクハンバーグ(マヌルトッカルビ/마늘떡갈비)」
25_20181003222133a1b.jpg





義城にはニンニクを食べさせて育てた「義城ニンニク牛」という品種がいるんだそうですが、今回は「義城韓牛」の肉を使ったトッカルビ。
上にはニンニクソースがかかっています。
27_20181003222136619.jpg




うーん、程よいジューシーさ。
ニンニクの香りが食欲を増進させます。
(朝30品も食べたのに!)
これはやはり白飯が・・・
26_20181003222134a8d.jpg





と思ってたら来たー!
白飯と大根スープ。
あっという間に平らげてしまったのは言うまでもありません(*^_^*)
30_20181003222140d1a.jpg





最後に館長から「黒ニンニク入りのシッケ」をサービスしてもらいました。
29_201810032221391fd.jpg

黒ニンニクは最初から入れてしまうとシッケの発酵が進まないので、ある程度シッケの醗酵が進んでから入れるのだそうです。
口の中もさっぱり。


最後の最後までどれもこれも大変美味しゅうございました。



マカガーリック
住所:義城郡義城邑元堂里208-1 (의성군 의성읍 원당리 208-1)
道路:義城郡義城邑慶北大路5690 (의성군 의성읍 경북대로 5690)





大変濃密だった2泊3日の「八田靖史と行く 慶尚北道ファムツアー」はこれにて終了。


慶尚北道の食をテーマにしたツアーは八田氏の組んだ綿密なスケジュールの元、
「歴史的なエピソードと結びついた食文化」
「豊かな農産物を活かした郷土料理」

をテーマに開催されました。





栄州に始まり、奉化⇒英陽⇒青松⇒義城。
いや~、3日間でかなりの距離を移動しましたね(^^)
180701





食と歴史・文化の宝庫「慶尚北道」は魅力的な地域がたくさんあります。
私の拙い文章でどこまで伝えられたかちょっと心配ではありますが、ブログを読んでいただいた方が慶尚北道に興味を持ってくれたら幸いです。
180701





最後にこのファムツアーをダイジェストにまとめた動画をUPしてこの旅の記録を終わりたいと思います。



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!



にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 
スポンサーサイト



2018-10-04 06:07 : 2018年慶尚北道FAMツアー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【我らが慶尚北道!⑳】ツアー最後の地・義城郡。韓国最高ブランドのニンニク卸売市場へ。

【我らが慶尚北道!⑲】いよいよ最終日。朝食は青松名物 山菜ツルニンジン焼き定食。朝から30品!!からの続きです。



今回のグルメツアー最後の地、「義城郡(ウィソングン/의성군)」へやってきました。
180701



【義城郡】
義城郡は慶尚北道の中央部に位置し、慶尚北道の安東市、青松郡、軍威郡、亀尾市、尚州市、醴泉郡と接する。人口は5万3243人(2018年5月)。郡の全体が太白山脈と小白山脈に挟まれた位置にあり、比較的なだらかな丘陵地帯と安渓平野の広がる道内でも有数の穀倉地帯である。代表的な観光地には、新羅時代の681年に創建された孤雲寺(コウンサ、고운사)や、三韓時代の部族国家である召文国(チョムングク、조문국)の史跡などがある。
(八田氏資料より)



山林の多い慶尚北道の中において、義城は広々とした平野を持っており稲作を中心とした農業が発達しているのだそうです。
中でもニンニクの生産が有名で、義州ブランドはニンニクの中でも高い人気を誇っているとの事。
という事で、ニンニクの卸売市場へ向かいました。



やってきたのがこちら「義城マヌル市場(ウィソンマヌルシジャン/의성마늘시장)」
180701

180701





収獲されたばかりのニンニクの束がこんなにたくさん!
180701





ニンニクのカーテンですよ!
180701





中ではアジュンマたちがあちらこちらで採れたニンニクを束ねる作業をされていました。
180701





タイミングよく生産者の方のお話を伺う事が出来ました。
180701





8,000坪の土地で栽培される義城ニンニクは韓国最高のブランドでありながら、そのシェアは全体の3%ほど。
ニンニクには韓国古来の在来種である「寒地型」と、韓国南部、外来種などの「暖地型」に分かれるのだそうです。
「寒地型」も全体の中でのシャアは14%ほど。
その中で義城はもっとも高いシェアを誇り、質の高いニンニクを生産し続けているのだそうですよ。
180701





我々が訪れた時期はちょうど収穫を終えて2週間ほど経った頃でした。
ここからさらに寝かせて(収穫から約1か月ほど)ニンニクの栄養分が茎から身へ移ってくるのを待ちます。
ニンニクは暑さに弱いとの事で、気温が26度を超える前に収獲するのがポイントなんだそうです。
180701

味も濃くてエキスが多い寒地型のニンニク。
義城は他の産地に比べて日射量が少なく降雨量も少ないことから、より身の締まったニンニクが出来上がるとの事でした。





一束100個のニンニクは結構な重さ。
品質にもよりますが、大体一束25,000ウォン前後で売られています。
180701



さて、次はいよいよこのツアー最後の食事。
この義城産ニンニクを使った料理をいただきますよ。
「最終回」へつづく)



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!



にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 



義城ニンニク市場

住所:義城郡義城邑道西里121-4 (의성군 의성읍 도서리 121-4)
道路:義城郡義城邑クボンキル219 (의성군 의성읍 구봉길 219)
2018-10-03 06:20 : 2018年慶尚北道FAMツアー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【我らが慶尚北道!⑲】いよいよ最終日。朝食は青松名物 山菜ツルニンジン焼き定食。朝から30品!!

【我らが慶尚北道!⑱】2日目の宿は温泉付きの周王山温泉観光ホテルからの続きです。


いよいよグルメツアーも最終日の朝を迎えました。
小雨が降っていますが気持ちのいい朝です。
20180701





バスで向かった朝食会場のお店はこちら。
「周王山チョンソル食堂(チュワンサンチョンソルシッタン/주왕산청솔식당)」
20180701

偶然ですが前日りんごマッコリをいただいたのもこちらのお店でした(^^)





店内はこんな感じ。
ちょうどピークタイムを過ぎた頃だったので空いていました。
開放感のある店内です。
20180701





お、なんと3年前の「スッカラ」を発見!
20180701

すでに休刊してしまった月刊誌ですが、この雑誌から得る韓国情報はどれも有益なものばかりでしたねぇ。
紙質にもこだわった素晴らしい雑誌だったんですけどね、読めなくなってしまったのは残念。





何でこの店に置いてあったかというと、3年前に八田氏がこの店の記事をスッカラに掲載していたんですね。
20180701





ページをめくっていくと本田朋美さんも載っていました(^^)
一緒に写っているのは韓流タレントの藤原倫己さんですね。
20180701





お店のメニューはこちら。
今回いただくのは左一番上に載っている「山菜ツルニンジン焼き定食(サンチェトドックイチョンシク/산채더덕구이정식)」
20180701




それがこちら!
どーん!!

20180701

料理名を全て記載しますね。

トウキの葉のキムチ(タングィキムチ/당귀김치)
キクイモの漬物(テジガムジャチャンアチ/돼지감자장아찌)
ボウフウのキムチ(パンプンキムチ/방풍김치)
おから和え(ピジムチム/비지무침)
ドングリ寒天の和え物(トトリムクムチム/도토리묵무침)
シシトウの和え物(クァリゴチュムチム/꽈리고추무침)
野菜とキノコのチヂミ(モドゥムポソッチョン/모듬버섯전)
大根の角切りキムチ(カクトゥギ/깍두기)
オゴノリの和え物(コシレギムチム/꼬시래기무침)
キビのチヂミ(ススジョン/수수전)
ツルニンジン焼き(トドックイ/더덕구이)
アヒルの燻製(オリフンジェ/오리훈제)
シラヤマギクと豆腐の和え物(チィナムルトゥブムチム/취나물두부무침)
ハリギリの芽の漬物(オムナムチャンアチ/엄나무장아찌)
ウリノキの葉の漬物(パクチィチャンアチ/박쥐장아찌)
白菜キムチ(ペチュギムチ/배추김치)
サラダ風青唐辛子(アサクオイゴチュ/아삭오이고추)
煮豆(コンジョリム/콩조림)
発酵大豆の柚子サラダ(チョングッチャンユジャセルロドゥ/청국장유자샐러드)
サバの焼き魚(コドゥンオグイ/고등어구이)
ハナウドのチヂミ(オスリジョン/어수리전)
桑の若芽のナムル(ポンニプセスンナムル/뽕잎새순나물)
ナムル盛り合わせ(モドゥムナムル/모듬나물)
エノキダケのチヂミ(ペンイジョン/팽이전)
手作り豆腐(ソントゥブ/손두부)
五加皮の葉の漬物(オガピチャンアチ/오가피장아찌)
青梅の漬物(メシルチャンアチ/매실장아찌)
ケカラスザンショウの漬物(チェピイプチャンアチ/제피잎장아찌)
味噌チゲ(テンジャンチゲ/된장찌개)
ごはん(コンギパプ/공기밥)
(八田氏提供資料より)



料理の品数30品。
朝から30品ですよ!
スゴイ、スゴ過ぎる・・・
そしてその料理の名前を全て把握している八田氏のスゴさも改めて思い知ったのでした。



どの料理も美味しかったのですが、特に私が気に入ったのは・・・


ハリギリの芽の漬物(手前)
20180701





(左から)五加皮の葉の漬物、青梅の漬物、ケカラスザンショウの漬物
20180701





発酵大豆の柚子サラダ
ごはんとの相性バッチリ。
20180701





ツルニンジン焼き
今回は3日間、ツルニンジンンをよく食べましたね。
高麗人参もそうですが、今回はニンジを始めとする根菜類の効能に大変興味を持った旅でもありました。
20180701





ナムルの盛り合わせ
サルナシの葉、シラヤマギク(生と乾燥で2種類)、シイタケ、ワラビ
20180701





キビのチヂミ
上に載っているのは砂糖。
デザート感覚でいただきました。
20180701






テーブルの上に所狭しと載る料理。
圧巻です。
20180701





この30品の料理を毎日仕込んでいるこちらのお店の社長さん。
どの料理も一つ一つ丁寧な味付けで、もう感動の一言しかありません。
まさに土地の利を活かした地産地消の名物料理、大変美味しくいただきました・
20180701



ここで青松を後にして、いよいよ次はツアー最終目的地へと向かいます。
「義城編その①」へつづく)



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!



にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 


周王山チョンソル食堂

住所:青松郡府東面上宜里319 (청송군 부동면 상의리 319)
道路:青松郡府東面公園キル164 (청송군 부동면 공원길 164)
TEL:054-874-5358
営業時間:8:00~21:00
無休
(※2018年7月時点の情報です)

2018-10-02 11:31 : 2018年慶尚北道FAMツアー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【我らが慶尚北道!⑱】2日目の宿は温泉付きの周王山温泉観光ホテル

【我らが慶尚北道!⑰】青松での夕食は名物タッペクスク(丸鶏の水煮)リンゴマッコリも心ゆくまでからの続きです。



2日目に宿泊したのはこちらのホテルでした。
周王山温泉観光ホテル(チュワンサンオンチョンクァングァンホテル/주왕산온천관광호텔)
180630





韓国のホテルはムクゲの花の数で等級を表しています。
こちらのホテルは花が4つなので、等級としては3番目のグレードになりますね。
180630





フロントロビーは広くて解放感があります。
180630





ロビー横にはラウンジが。
こちらで朝食や昼食のビュッフェを楽しむこともできるようですね。
180630





私が通された部屋はダブルベッドとシングルベッドのツインタイプでした。
180630





デスク周りはこんな感じ。
180630

180630

180630





冷蔵庫の中にはサービスのミネラルウォーターが2本。
180630






トイレの隣に間仕切りがあり、シャワールームがありました。
180630

180630





バスタブが付いてないのは残念でしたが、こちらのホテルは温泉ホテルという事もあって、部屋まで温泉を引いてるんですね。
髪を洗った時に普段とは違う感じがしたのはそのせいでした^^;
180630




バスタオルがあるのも嬉しいです。
普段はモーテル泊まりが多いのでフェイスタオルしか置いてなくて・・・
180630





窓から望む外の光景。
180630




宿泊者は隣接する温泉施設を無料で使えます。
同行した女性陣は翌朝ゆったり温泉に浸かっていらっしゃったようですね
180630

180630



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!



にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 


周王山温泉観光ホテル

住所:青松郡青松邑月幕里73-2 (청송군 청송읍 월막리 73-2)
道路:青松郡青松邑中央路315 (청송군 청송읍 중앙로 315)
TEL:054-874-7000
2018-09-30 20:12 : 2018年慶尚北道FAMツアー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【我らが慶尚北道!⑰】青松での夕食は名物タッペクスク(丸鶏の水煮)リンゴマッコリも心ゆくまで

【我らが慶尚北道!⑯】青松郡へ移動~りんごマッコリを飲みつつ大典寺へからの続きです。



夕方まずホテルにチェックインしてから向かったのがこちら。
達基薬水湯(タルギヤクスオンチョン)
180630

青松は韓国でも有数の温泉地との事。
ここ達基薬水湯も湯治場として有名だったそうで、旅館と食堂を兼ねたお店がこのように軒を連ねています。





その中で我々が夕食会場として向かったのはこちらのお店。
「ヨンチョン食堂(ヨンチョンシクタン/영천식당)」
180630





このポリタンクがたくさん並んでいる下側に・・・
180630






炭酸泉の井戸がありました。
180630

180630





味見をする本田さん。
180630

私も味見させていただきましたが鉄分がかなり強く、このまま飲むと正直あまり旨いとは・・・^^;
これから夕食でいただくのはこの天然の炭酸泉で煮込んだ丸鶏の水煮なのです。





お店の奥の座敷に通されると、すでにテーブルがセッティングされておりました。
180630

180630





壁に貼られたメニュー。
今回メインでいただくのは罫線で囲んだ3種類の料理。
丸鶏の水煮(トジョンタッペクスク/토종닭백숙)
鶏肉の網焼き(タップルコギ/닭불고기)
ツルニンジン焼き(トドックイ/더덕구이)

180630
楽しみです(^^)





まずはビールで乾杯!
180630





ツルニンジン焼き。
青松は山岳地域という事もあり、山のものを使った名物料理が多いそうで、これもその一つ。
サクッ、シャキッとした食感がいいですね。
身体にもよさそうです(*^_^*)
180630





鶏肉の網焼き。
トッカルビの鶏バージョンといった感じでしょうか。
2枚の網で叩いた鶏肉を挟んで焼き上げています。
香ばしさがたまりません。
180630

180630





ここでこれも青松名物りんごマッコリもいただきます。
サッパリしたりんご味。それほど濃厚ではありませんが、すっきりした飲み口でクイクイいってしまいました。
180630

180630





そして・・・
この日のメインディッシュ「丸鶏の水煮」が運ばれてきました!
180630





どうですか。もう見ただけで身がしっかり煮込まれてホロホロになっているのがわかりますよね!
180630





これをお店のアジュンマが丁寧に手作業で骨を取り除いてほぐしてくれます。
180630





ひゃー、こりゃ美味しそう
180630





ほぐされた鶏はホント柔らかくて
これが炭酸泉の効果なんでしょうね。
昔はこの辺一帯の旅館でこの鶏を湯治客に振る舞っていたんだそうですよ。
別皿の岩塩をチョイと付けて食べるとまた鶏の旨味が口の中いっぱいに広がるんです。
180630





煮込んだスープで煮込んだもち米ごはん。
速攻完食です。
180630




煮込んだスープがこれまた胃に優しい味。
これまたあっという間に完飲。
ごはんもスープも炭酸泉の鉄分の効果でこれだけ黒くなるんですね。
180630





ブロガーさん同士の話も盛り上がり尽きることがありません。
180630





デザートにあんずをいただきました。
180630





今回もお酒をよく飲みましたね(笑)
180630



「青松編その③」につづく)



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!



にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 


ヨンチョン食堂

住所:青松郡青松邑釜谷里286-11 (청송군 청송읍 부곡리 286-11)
道路:青松郡青松邑薬水キル54( 청송군 청송읍 약수길 54)
TEL:054-873-2387
(※2018年6月時点の情報です)
2018-09-30 15:07 : 2018年慶尚北道FAMツアー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。
(記事で紹介しているお店の情報については訪店当時のものとなります。)

recommend_bnr01.png


お問合せは以下からお願いします。

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

アクセスカウンター