FC2ブログ

新宿「NIGORIZAKE BAR 濁酒本舗NIGORIZAKE BAR tejimaul」で料理も日本酒も山形尽くし!

こちらのお店も時々お邪魔させてもらっています。
オーナーとはもう10年来のお付き合い。
pp1_202003241622518e1.jpg
お店は写真の「一軒め酒場」の入っているビルの地下にある。






今回はこちらのテーブル席を予約。
料理はお任せのコースで。
時節柄、テーブルごとに除菌アルコールも用意されていた。
pp2_20200324162251f88.jpg






まずは名物玉こんにゃく、酒田の塩納豆、こづけ、漬物3種。
pp3_20200324162252aac.jpg
(飲んだ日本酒は最後にまとめて紹介します)






鯵のなめろうにメバチマグロ、平政の刺身。
pp4_20200324162254e30.jpg






平田牧場三元豚のポッサム。
中央にあるのはポッサムキムチ。韓国ならこれだけでも結構なお値段だ。
pp5_202003241622557b3.jpg






ポッサムキムチの中はこんなに具だくさん。
pp6_20200324162257ea4.jpg






皿にいっぱいに盛られた茹でた三元豚をこれらの野菜やアミの塩辛・サムジャンやニンニクなどと共に・・・
pp7_202003241622585f5.jpg





一口でバクっと頬張る。
三元豚、やっぱり旨いなぁ。
pp8_202003241623000a0.jpg






鶴岡市のエコファームから直送されてきた野菜の数々がセッティングされて・・・
pp9_20200324162301a18.jpg






板昆布の入った鍋にドーンと投入。
pp10_20200324162303ba1.jpg





そしてこの後登場したのはまたまた平牧の三元豚!
これをしゃぶしゃぶしていただくという、なんとも贅沢な鍋。
pp11_20200324162304b0c.jpg





そばつゆとポン酢でいただく。
三元豚はもちろんのこと、産地直送の野菜が甘みがあってシャキシャキしていてとても美味しい。
pp12_20200324162305a07.jpg






いただいた日本酒も全て山形産。
飲み放題メニューに載っていた10種類を余すことなく全種類いただいてきましたよ。

・山形県酒田市「オードヴィ庄内」の「清泉川 どらざえもん 純米生原酒」
・山形県東根市「六歌仙」の「山法師 純米爆雷辛口 弐拾八 原酒生酒」
・山形県鶴岡市「竹の露」の「白露垂珠 無濾過純米」
・山形県酒田市「東北銘醸」の「初孫 いってつ生酛 純米」
・山形県鶴岡市「加藤喜八郎酒造」の「十水 特別純米」
・山形県東置賜郡「米鶴酒造」の「米鶴 超辛純米」

pp13_2020032416230766c.jpg





・山形県鶴岡市「冨士酒造」の「榮光冨士 純米酒 無濾過生原酒 暁乃翼」
・山形県寒河江市「千代寿虎屋」の「大虎 超辛口純米」
・山形県天童市「出羽桜酒造」の「出羽桜 本醸造おり酒 春の淡雪 しぼりたて」
・山形県酒田市「松山酒造」の「秘めごと 純米吟醸」

pp14_20200324162308ce0.jpg



いや~、なんとも贅沢で美味しい一夜となりました。
大変美味しゅうございました。


ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしてもらえると大変励みになります。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

日本全国食べ歩きランキング

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 

recommend_bnr01_2019050101401579e.png

ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします⇒





関連ランキング:郷土料理(その他) | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

スポンサーサイト



2020-03-26 06:30 : おいしいもの : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

枕崎産鰹節・鯖節からとる出汁が最高!仙台「そばの神田 東一屋 名掛丁店」のごぼうかき揚そば

仙台に来たらこの店を素通りするわけにはいかない。
創業50年を超える老舗立ち食い蕎麦「そばの神田 東一屋」(「とういちや」と読む)
pp1_202003091434389c3.jpg






今回は市内に5店舗ある中で、仙台駅を出てすぐのアーケード街「ハピナ名掛丁」の入り口角にある名掛丁店へお邪魔した。
(上の写真も名掛丁店である。入り口が2か所あるのだ。)
pp2_2020030914343957d.jpg






メニューの種類も豊富だ。
pp3_20200309143440326.jpg







ちょうど自分が訪れた日の数日前にリニューアルオープンしたそうで、店内は明るく綺麗になっていた。
これは入れ放題の揚げ玉。
pp4_20200309143440543.jpg






これがまた少しも油っこくなく美味いのだ。
pp5_20200309143441f8f.jpg






唐辛子は一味と七味の両方を揃えている。
pp6_20200309143443d14.jpg






今回注文したのは「ごぼうかき揚そば」
pp7_202003091434446ff.jpg






揚げたてのごぼうのかき揚げの分厚いこと。
サクッとした食感がこれまたたまらない。
pp8_2020030914344673e.jpg






自家製の生そばが美味いのは言うまでもないが、自分がハマっているのはこの出汁。
毎日削っているという枕崎産鰹節・鯖節からとる出汁に追いかつおをしたこのスープがほんのり甘みがあり実に美味いのだ。
pp9_20200309143448f35.jpg






少し食べ進んだところでフリーの揚げ玉を投入。
これがまたよく麺に絡むのだよね~。
これだけ揚げ玉を入れてしまうと汁を吸ってしまってベショっとなってしまいがちだが、ここの揚げ玉はそんなことにはならない。
麺もかき揚げも揚げ玉も汁も、いい感じで口の中で相まって来るのがたまらない。
pp10_20200309143449e31.jpg






もちろんスープは完飲。
スープだけ追加注文できるものならジョッキでゴクゴク飲みたいぐらいだ。
それほど自分はここのそばにハマっている。
pp11_2020030914345038e.jpg



今回も大変美味しゅうございました。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしてもらえると大変励みになります。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

日本全国食べ歩きランキング


recommend_bnr01_2019050101401579e.png

ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします⇒





関連ランキング:そば(蕎麦) | 仙台駅あおば通駅広瀬通駅

2020-03-10 06:30 : おいしいもの : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ネパール料理もある町中華。氷川台「中華レストランみつい」

お誘いいただいて初めて訪問したこちらのお店。
有楽町線氷川台駅から歩いて15分ほどのところにある。
1_2020022418514877b.jpg

「中華レストラン」となっているのだが、ネパール料理も食べられるのだとか。






店内はこんな感じで明るく清潔感たっぷり。
写真は閉店間際に撮らせてもらったものだが、お店には行った時は満席で、空き待ちのお客さんも並んでいた。
場所柄、通りすがりにふらっと入る店ではないので地元の常連客がしっかりついているのであろう。
2_20200224185149ab4.jpg







この棚だけを見ると確かに中華レストランとは思えないかも(^^;
3_20200224185151020.jpg






まずはお通しのもやしをつまみながら冷えた瓶ビールで喉を潤して・・・
もやしは食事だけの客にも出されるようだ。
4_20200224185152607.jpg






まずは棒棒鶏サラダ。
レモンをかけるとさっぱりとした味わい。
9_20200224185154d96.jpg






焼き餃子。
もっちりとした皮の中には餡がぎっしり詰まっていて食べごたえあり。
10_202002241851550bd.jpg






ニラレバ炒め。
レバーが肉厚で嬉しい。
11_20200224185157e77.jpg






紹興酒は温めてもらったのをボトルで。
かなり熱いのでこのようにナプキンで包んで出してくれる。
12_2020022418515898a.jpg






この銘柄をいただきました。
13_20200224185200f58.jpg






春巻。
14_20200224185201bf0.jpg






モモ。
ネパールの小籠包風蒸し餃子。
スパイシー小籠包といったところか。
酢を入れたコチュジャンのようなソースにつけていただく。
15_20200224185203f17.jpg






焼売。
16_2020022418520424a.jpg






サモサ。
ネパール式のピロシキ。
豚ひき肉ににジャガイモ、レーズン、カシューナッツなどが入っている。
こちらもスパイシー。スイートチリソースにつけて。
17_202002241852063c6.jpg
うーん、確かにすでに町中華ではなくなってきているような・・・。
でも美味しい。





これ料理名なんだったかな・・・失念(^^;
18_2020022418520752e.jpg





チョウミン。
豚・鶏・野菜の入ったスパイシーなネパール風焼きそば。
上に載っているのは薄焼き卵。これもネパール風なのかな。
19_202002241852099ae.jpg






炒飯。
ここで中華に戻ってきた感じ(*^^*)
20_20200224185210618.jpg






海老そば。
たっぷりの野菜の下には海老がごろごろ。
21_202002241852124f0.jpg







〆に食べたキーマラーメン。
これはインパクトがあった。
複雑な味わいの辛さがあとからジワジワ効いてきて、気が付けば額から汗が💦
でもあと引く旨さ。
22_20200224185213fa8.jpg



そしてすっかり撮り忘れてしまったのだが、こちらのお店のレモンサワーがとにかく美味しかった。
生絞りで果汁もたっぷり。
後半は参加者のほとんどがレモンサワーを注文し、レモンサワー渋滞が発生するほどの人気ぶり。
今回注文しなかった料理の中にも気になるものがあったし、何よりもキーマラーメンとレモンサワーを味わうためだけでも再訪したい。

大変美味しゅうございました。



ブログランキングに参加しています。
バナーのクリックしてもらえると励みになります。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

日本全国食べ歩きランキング

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 

recommend_bnr01_2019050101401579e.png

ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします⇒





関連ランキング:中華料理 | 氷川台駅平和台駅

2020-02-26 06:30 : おいしいもの : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今年初めての「焼肉ヒロミヤ」で遅めの新年会

今年初めての焼肉ヒロミヤ本店。
予約したのは一昨年だったかな。
1_20200211235754dea.jpg







今回は2Fを貸し切りで予約。
この扉を開けて2Fに上がっていく。
2_20200211235756b98.jpg







急な階段を上がり2Fに向かう。
帰りほろ酔い加減で降りるときは足を滑らせないよう注意が必要である(^^;
3_20200211235757088.jpg






今回は12名での貸し切り。
4_20200211235759e33.jpg






以前来た時と室内のレイアウトも変わったようだ。
ドリンク類はセルフで飲み放題。
ライスも炊飯ジャーで用意されている。
6_20200211235802fc3.jpg

7_202002112358031af.jpg






まずは冷えた生ビールで乾杯。
8_20200211235805568.jpg






箸休めのもやしのナムル、キムチ、韓国海苔。
それぞれ+500円で追加可能。
赤い味噌は店自家製の紅ショウガ味噌。
これがまた肉との相性がとてもいいのだ。
5_20200211235800f99.jpg






最初に出てきたのは牛タンと生レバー。
レバーは火を通すようにと店員さんに念押しをされる。
歯切れのいい肉厚の牛タンは絞った生レモンにつけて、生レバーは「軽く」表面を炙ってニンニクとオイルでいただく。
9_20200211235806286.jpg

11_20200211235809b1e.jpg






カイノミとハラミ。
カイノミは中バラのうちサーロインに隣接した部位。
焼肉に最適の特上の肉。
国産ハラミは同席した「HAN COOK」の林オーナーシェフがその肉質の良さに驚いていた。
10_20200211235808107.jpg






ハツモトと鴨肉とミノ。
上質な牛肉の合間にいい感じで入ってくる変化球的部位。
食感も楽しめる。
12_20200211235811a4e.jpg






ここで早くもTKGにタレにつけたハラミをOTR。
13_20200211235812d35.jpg






とうがらしのステーキと炙りロース。
とうがらしはワサビと粗塩で、炙りロースは溶き卵につけて。
しっとりと濃厚な味。
14_20200211235814477.jpg






韓国は慶尚北道聞慶(ムンギョン)市の広報大使である本田朋美さんが聞慶名産の五味子(オミジャ)で作った「五味子ロゼワイン」を、慶尚北道の広報大使の八田靖史氏は英陽(ヨンヤン)市産の伝統酒「椒花酎(チョファジュ/41度)」を差し入れしてくれた。
15_20200211235815bc9.jpg
どちらも日本ではそうそう飲めない貴重な酒。
美味しゅうございました。



この後ツラミとカルビが出たのだが話が盛り上がっているうちに見事に取り忘れ。




締めの冷麺。
16_20200211235816e9c.jpg






物足りず追加で豚カレーも。
上質な肉がふんだんに入ったゴージャスなカレー。
17_202002112358181ef.jpg






この日は韓国関係の仕事をしている人たちで集いました。
韓国エンタメ関連のライター・翻訳家の桑畑優香さん
韓国語パワーブロガーにしてイラストレーターのhimeさん
人気韓国料理店「HAN COOK」のオーナーシェフ林三樹夫さん
「韓国語のHANA」の敏腕営業とんそく子さん
ハングル能力検定協会の鄭主任
人気韓国語講師のキソカン君
18_20200211235838a97.jpg
今年もこの方々と面白いことができたらいいなと思っています。



次の予約をしたところ、取れたのは2年後の12月(^^;
ヒロミヤ本店と3号店は建物の老朽化に伴い、2022年末で一旦取り壊し、その後の予定はまだ決まっていない模様。
それまでに何回来られるかな。
今回も大変美味しゅうございました。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしてもらえると大変励みになります。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

日本全国食べ歩きランキング


recommend_bnr01_2019050101401579e.png

ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします⇒





関連ランキング:焼肉 | 曙橋駅四谷三丁目駅若松河田駅

2020-02-12 06:30 : おいしいもの : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「食堂とだか」ではなく「立呑みとだか」へ初訪問。どの料理も食堂と変わらぬ旨さ♪

お誘いいただき「食堂とだか」と同じフロアにある「立呑みとだか」へ初訪問。
pp1_20200129130558909.jpg
同じフロアといっても「食堂とだか」から10歩も歩かないぐらいの至近距離にある支店。
自分も昨年奇跡的に予約が取れたのだが、それでも予約できたのは来年の秋(^^;






店名は立呑みとなっているが、ちゃんと椅子が用意されている。
店内は大幅にリニューアルされたらしい。
pp2_20200129130559768.jpg






まずはすりおろしたレモンがたっぷり入った生おろしレモンサワーで喉を潤して・・・
pp3_20200129130559570.jpg







とだか名物「ウニ・オン・ザ・煮玉子(いくら乗せ)」
pp4_20200129130559e00.jpg
ウニといくらの量が多くて下の煮玉子が見えない(°_°)
お約束でウニといくらは少し残しておくのだが・・・






白子ごはん。
これに先ほど残したウニといくらを乗せて食べるのだが、ワシワシとかき込んでしまい写真を撮り忘れてしまった(^^;
白子とウニといくらをぶっかけたご飯。なんという贅沢・・・
pp6_20200129130602a38.jpg







ここでドリンクをみかん果汁たっぷりの「とだビアーノ」にチェンジ。
pp5_20200129130601beb.jpg






菜の花豆腐とはまぐりの揚げ出し。
pp7_20200129130604a2e.jpg






はまぐりとその出汁が素晴らしいのはもちろんだが、菜の花豆腐の味付けがこれまた絶品。
pp8_202001291306058df.jpg






レモン果汁たっぷりのとだかハボールにチェンジ。
pp9_2020012913060735f.jpg






サワラフライと金柑の白和え。
サワラフライの下に敷かれた自家製タルタルがこれまた旨い。
pp10_2020012913060857a.jpg






ずわいがにとマダラ白子ののりあんかけ。
pp11_20200129130610869.jpg






こんなに大きな白子と・・・
pp12_202001291306116c9.jpg





こんな大きな海老も中から現れた。
あんかけに入っているのはあおさ海苔だろうか。
もーたまらん。
pp13_202001291306133cd.jpg






とだチキ。
表面カリっ、中ジューシーの絶妙な揚げっぷり。
また肉の身離れのいいこと。
下味が付いているのでそのままでかぶりついても美味しいし、添えてある柚子胡椒で味変してももちろん美味い。
1本200円でテイクアウトも可。
pp14_20200129130614dcb.jpg






和牛と里芋豆腐のすきやき。
pp15_2020012913061624d.jpg






揚げた味玉を割ると黄身がとろ~りと。
pp16_20200129130617dd3.jpg






食べていくと皿の底からはたっぷりのとろろが現れた。
これも完食せずに少し残すようにとの事。
pp17_20200129130619123.jpg






なんとその残したとろろの上にとだカレーを乗せるという贅沢ぶり。
カレーととろろの相性がこんなにいいなんて!
事前にカレーとライスの量を選べるのだが、少なめにしたことを後悔(^^;
pp19_2020012913062223f.jpg






一見アイスコーヒーに見えるこちらはモスコミュール
pp18_20200129130620859.jpg





お店自家製の生姜漬けウォッカで作られたモスコミュールはアルコール度数の高さを感じさせない、飲みやすい逸品。
pp21_20200129130722c09.jpg






〆はあん肝たんたん麺。
pp20_20200129130623951.jpg






あん肝の濃厚な出汁に自家製の漬け込んだ山椒をちょっと足すとこれまた独特のピリ辛さ加減がいいんだなぁ。
軽く汗をかきながら一心不乱に啜りましたよ。
pp22_20200129130724c2d.jpg



季節の食材をこれだけふんだんに、贅沢に使う戸高さんの独創的な料理。
これだけ出てきて酒も飲みホで、果たして利益が出ているのだろうかと心配になってしまうぐらいの豪華な料理の数々。
今回も大変美味しゅうございました。



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

日本全国食べ歩きランキング

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 

recommend_bnr01_2019050101401579e.png

ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします⇒




関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

2020-01-30 06:30 : おいしいもの : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。
(記事で紹介しているお店の情報については訪店当時のものとなります。)

recommend_bnr01.png


お問合せは以下からお願いします。

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

アクセスカウンター