FC2ブログ

【2019年9月の大邱④】近代大邱の芸術・文化の香り漂う「大邱文学館香村文化館」(後編)

【2019年9月の大邱③】近代大邱の芸術・文化の香り漂う「大邱文学館香村文化館」(前編)からの続きです。


1Fの展示コーナーの続きです。
「中区住民の暮らしを通して見る20世紀の大邱」
24_201910122221041f4.jpg






中区にある学校の昔の集合写真や当時の一般家庭で使われていた生活用品などが展示されています。
25_201910122221062f6.jpg

26_20191012222107e57.jpg






「避難民の生活の場 校洞市場」
校洞市場(キョドンシジャン)は朝鮮戦争の混乱期、避難村に住む人々によって形成されました。
当時はヤンキー市場、トッケビ市場とも呼ばれていたそうです。
1956年、校洞市場として正式認可されました。
28_20191012222110d8a.jpg






戦後の市民の暮らしが再現されています。
29_201910122221118c5.jpg






軍事物資を売る店。
戦後の日本にもありましたね。
PXからの横流し品や化粧品の取引が活発に行われていました。
30_201910122221138fa.jpg





やはりスープはキャンベル、チョコレートはHERSHEY'Sなんですね。
キャッベルのアンディ・ウォーホルがデザインしたパッケージが登場するのはこの10年ぐらい後です。
31_20191012222116856.jpg






当時の大邱駅の外観も再現されていました。
大邱駅は1905年の京釜線の開通とともに開駅し、1913年にこのルネサンス様式の駅舎が完成しています。
当時は輸送の中心拠点として、釜山、新義州駅に次ぐ規模を誇っていました。
32_20191012222117fef.jpg






在韓米軍の情報センター。
銀行の金庫室だったところをリノベしたようで、入口右側に当時の金庫がそのまま残っているのが見えます。
33_20191012222118456.jpg






これが当時の写真。
大邱近代歴史館の企画展で展示されていた写真です。
【過去記事】↓をクリック
【2019年5月の大邱㉑】大邱近代歴史館で企画展「香村洞物語」を見る
46_20191013090739512.jpg






当時の中区の商店街の様子も再現されています。
34_20191012222119f5f.jpg

35_20191012222120bee.jpg






「大邱産業の基盤 北城路工具通り」
香村洞~北城路は靴の製造が盛んだったり、工具を売る店も多く、大邱産業の基盤となる区域でもありました。
今でもその名残が残っていて、北城路の通りには靴屋さんも多いんです。
大邱初のエレベーター付き百貨店、三中井百貨店本店もこの北城路にあったんですね。
終戦後は米軍から横流しされる空き缶やドラム缶を受け取る金物業者がこの地にどんどんと居を構え、徐々に本格的な工具通りとなって行きました。
36_20191012222122986.jpg





上に写っているのは「号牌(ホペ)」ですね。
歴史ドラマや時代劇で関所を通るときに役人に見せているシーンをよく見ました。
37_20191012222123092.jpg





当時の弁当箱。
38_20191012222125599.jpg






当時の写真の数々。
39_20191012222127301.jpg





韓国初代大統領 李承晩が文化劇場(昨日紹介しました)を訪れた時の写真。
40_201910122221285f1.jpg





大邱百貨店。
東城路のシンボル的な百貨店も当時はこんな小さな平屋の店からスタートしているんですね。
最近ちょっと活気がないのが気になります。
41_201910122221496fe.jpg





1920年代の大邱の街並み。
42_201910122221500aa.jpg





1910年の桂山聖堂の全景。
43_2019101222215230f.jpg






ここが1Fの入口になります。
受付で1,000ウォンでチケットを購入して、1Fから周りたい場合はこのブログを逆にみていただければと思います(*^_^*)
44_201910122221539e7.jpg






現在大邱の中心地と言えば東城路になりますが、大邱の邑城が破壊・撤去された後の近代大邱は、ここ香村洞~北城路を中心に発展していったのです。
今はやや寂しい雰囲気もありますが、北城路は現在再開発に入っているという事なので、再び活気のある人気スポットになってくれたらいいですね。
自分が今韓国文学に興味を持っていろいろ読み始めているところなので、今後もこの一帯は大邱へ来るたびに訪れる事になりそうです。
館を出た後は北城路の通りをのんびりと歩いていきました。
45_20191012222155ee6.jpg


(つづく)



■大邱の情報はこちらからどうぞ______________________

大邱市公式HP⇒ 
大邱市観光案内⇒ 
大邱公式ブログ「ようこそ大邱へ!」⇒ 
「ようこそ大邱へ」Facebook⇒ 
_____________________________________



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!



にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 

recommend_bnr01_2019050101401579e.png

ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします⇒


大邱文学館香村文化館
住所:大邱広域市中区香村洞 9-1 (대구광역시 중구 향촌동 9-1)
道路:大邱広域市中区中央大路449 (대구광역시 중구 중앙대로 449)
TEL:053-661-2331
観覧時間:(4~10月)9:00~19:00、(11~3月)9:00~18:00
休館日:月曜、1月1日、秋夕
入場料:大人1,000ウォン、65歳以上、8~9歳500ウォン、7歳以下無料、団体(20人以上)500ウォン
関連記事
スポンサーサイト



2019-10-14 06:30 : 大邱観光 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。
(記事で紹介しているお店の情報については訪店当時のものとなります。)

recommend_bnr01.png


お問合せは以下からお願いします。

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

アクセスカウンター