FC2ブログ

メークインの名産地、厚沢部町「道南いたさか農園」さんから雪室貯蔵した糖度たっぷりのメークインが届きました!

日本を代表するジャガイモといえば、男爵とメークイン
日本で初めてメークインの栽培に着手した北海道厚沢部(あっさぶ)町。
その厚沢部町を代表する生産農家「道南いたさか農園」さんから、今年も雪室貯蔵したメークインを送っていただきました。
pp1_202003271306153c4.jpg







箱を開けると手作業で拾いあげているという大ぶりのメークインがこんなにたくさん!
こんなに大きなメークインは近所のスーパーではなかなかお目にかかれない。
pp2_20200327130616a81.jpg






道南いたさか農園さんのメークインは「特別栽培農産物」に認定されている。
手作業で拾い上げたメークインを、冬の間に降り積もった雪で「雪室貯蔵」
2~5℃の温度、80~90%の湿度の状態で貯蔵することにより、でんぷんがブドウ糖や果糖といった糖分に変化していくのだとか。
20200328_085810.jpg






さっそくいただいたメークインを試食。
まずは40分ほどかけて水から茹でてみた。
沸騰したら塩を投入。
竹串が通るぐらい柔らかくなったらお湯を捨てて、中火から弱火で鍋を揺らしながら水分を飛ばす。
ほっこほこな状態がお分かりいただけるだろうか。
pp3_2020032713061682c.jpg






まずは粉ふきのイモに塩辛をのせていただいてみる。
まずイモの糖度の高さにビックリ!
メークインは粘質なのに、男爵に負けず劣らずのホクホク感。
それでいて、全く煮崩れしないのだ。
塩辛の塩分がまたイモの甘みを引き立ててくれる。
これは旨い!
pp4_20200327130618ed8.jpg







肉じゃがもつくってみた。
pp5_20200327130620ad7.jpg






糖度たっぷりのイモに七味をパラリ。
これが美味しくないわけがない。
翌朝温めなおすとまたほっこり具合ととろみが増して、白飯との相性も抜群。
pp6_20200327130621b29.jpg



大変美味しゅうございました。
しばらくの間我が家の食事はメークイン三昧。
もちろん、ポテサラも作りますよ(#^^#)



道南いたさか農園のHPはこちら⇒



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしてもらえると大変励みになります。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

日本全国食べ歩きランキング


recommend_bnr01_2019050101401579e.png

ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします⇒
関連記事
スポンサーサイト



2020-03-28 10:11 : じゃがいも : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。
(記事で紹介しているお店の情報については訪店当時のものとなります。)

recommend_bnr01.png


お問合せは以下からお願いします。

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

アクセスカウンター