FC2ブログ

塚田農場池袋北口店が新業態「つかだ食堂」にリニューアル。塚だまポテトサラダは相変わらず美味しい

==========================================================================
【お知らせ】
このたびこのブログとは別に、音楽と映画と本をテーマにしたブログを新たに始めました。
そちらも一緒にご笑覧いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いします。
「ポテサラ男爵の日々音楽と映画と読書」
https://ameblo.jp/potesala-danshaku-2nd/
==========================================================================


塚田農場などの飲食店運営で有名な(株)エー・ピーカンパニーが今回新業態の店舗を展開するというニュースが入ってきた。
名前は「つかだ食堂」
「塚田農場」の他にも「四十八漁場」「芝浦食肉」などで扱う料理をおひとり様でも定食感覚で味わえるというので、早速オープン日に行ってみた。
0_202006111620048f2.jpg






場所は池袋北口の東武百貨店の搬入口の道を挟んだ正面の雑居ビル。
pp1_20200611162005c2e.jpg
ビルには「3.6.5酒場」も入ってるんだね(これはエー・ピー・カンパニーではなくコロワイドグループ)毎月3.6.5の日に20分で餃子100個食べたら無料+ビール&餃子無料券プレゼントというイベントをやっているのだが…自分には無理だな(^^;






つかだ食堂は5Fの「塚田農場池袋北口店」があった場所に、2か月の準備期間を経てオープン。
pp2_202006111620054ed.jpg






入り口はこんな感じ。
エレベーターは1基しかなく中は狭いので、気になる人は頑張って階段を使う手もあり。
pp3_20200611162007f04.jpg

入店の際は除菌水で手指の消毒をした上、非接触型の体温計で検温されます。
ここまでは今や他でもよくある話。こんなご時世だからね、むしろ入店する側も安心できる。
(1軒目で酒を大目に飲んでたら体温上がってアウトになったりする事もあるのかな?グループで来て一人だけNGになったら気まずいよね、なんて事もちょっと思ったりしたが…)

疑問に思ったのはファミレスなんかで見かけるシート(順番待ちの時なんかに書くヤツね)に名前をフルネームで書かされること。
ボールペンは多めに用意されており、「使用前」「使用後」とペン立ても分かれていたのだけど、名前も個人情報だよね?
偽名で書く人もいるんだろうけど、スタッフに「何のための記名ですか?」と尋ねても答えられなかったところがやや腑に落ちなかった。





店内はこんな感じ。
以前の塚田農場だった時と殆ど変わっていないかな?
pp4_20200611162008291.jpg





コロナ対策でテーブルも対面では座れないように配慮されている。
窓も開けられていて、明るい時間だと結構開放感もある。
pp10_2020061116201768c.jpg







自分が訪店したのは夕方。
お店の営業時間は昼の部が11:30~15:00、夜の部が16:00~22:00(変更になる可能性もありとの事)
こちらは夜のメニュー。
pp7_202006111620130a2.jpg

pp8_20200611162014871.jpg






昼のメニューも見せてもらった。
pp5_2020061116201080e.jpg

pp6_202006111620116f4.jpg

定食は地鶏の塚田農場、魚介の四十八漁場、ホルモンの芝浦食肉と、各グループ店舗のメイン食材を一店舗で味わえるのがウリになっている模様。
夜も小皿料理をいくつか頼んで、そこへご飯セットを加えれば定食としても楽しめるという仕組み。
ドリンク類は昼・夜とも内容は同じ。
昼だけコップで安価のランチビアを提供してもいいような気はした。
値段は小遣い制のサラリーマンにとって1,000円超えは思案のしどころか?
でも最近魚金も1,200円前後でランチを始めたし、ある程度マーケティングを行った結果の価格設定なのだろう。






最初に水が出てくるところは食堂だね(*^^*)
pp9_202006111620164f0.jpg






まずは角ハイボールで喉を潤して…。
pp11_202006111620197bc.jpg






早速注文したポテサラがこちら。
「塚だまポテトサラダ」
pp12_20200611162020f16.jpg





具はキュウリとたっぷりの刻んだハム、そして塚田農場のオリジナル卵「塚だま」のゆで卵を潰して混ぜてある。
この卵がまろやかで濃厚で美味しいのだ。
全体的な甘みの中にマスタードの辛みが軽く効いていて、相変わらずの絶品ぶり。
量はサイドメニューとしての立ち位置を意識したのかやや少なめ。
その分値段も280円と安い。
おひとり様なら十分な量だ(自分には物足りなかったけどw)
pp13_2020061116202258e.jpg






もう一つ塚だまを使った料理があったのでこれを注文。
「ニラ釜玉」
これも塚田農場に行った際は必ず注文する一品。
pp14_20200611162023e9a.jpg






宮崎県西都産のニラの上には塚だまの見るからに弾力のありそうな黄身が。
黄身の表面を箸でプツっとやるととろ~りと。
そこへ特製醤油ダレをかけていただく。
シャキシャキしたニラの食感と塚だまの濃厚な味が相まって相変わらず旨い。
pp15_20200611162025c06.jpg






ここでプレモルの生を。
これがまた、泡がクリーミー。
自動のディスペンサーを使っているのだと思うが(人が注いでたら達人どころの感動じゃないかも!)さすが神泡。
pp16_20200611162026599.jpg






もう一品お腹に入りそうだったので、「とうもろこしの鉄板チーズ焼き」を。
白糠酪恵舎のリコッタ・サラータを使用との事だったのだが、チーズがあまり溶けておらず、ダマになったチーズのしょっぱさがやや強調されてしまっていたのが残念。
pp17_20200611162028792.jpg


ドリンク2杯、料理3品で会計は税込2,310円(席料・お通し代は無し)
これを高いと取るか、安いと取るか。
池袋北口は居酒屋激戦区。価格だけを取るならこの半分の金額で満足できるお店は多数ある。
なんせすぐ近くに「大都会」もあるしね。
ただ、逆に考えればこの値段で食材にこだわった塚田農場系の料理を食べられると思えば、決して高くはないのだよなぁ。
食をメインにするか、酒もそこそこ楽しんで安くあげるかで判断は分かれるかもしれない。
以前の塚田農場北口店の時は接客も味も数ある塚田農場の中でもトップクラスの店舗の後継店。
立地などの問題もクリアして、商売繁盛する事を期待したい。
(個人的にはあのポテサラが280円で食べられるのは嬉しい(*^^*))
ご馳走様でした。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしてもらえると大変励みになります。


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

日本全国食べ歩きランキング

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 

recommend_bnr01_2019050101401579e.png

ブログに関するお問い合わせはこちらからお願いします⇒




関連ランキング:定食・食堂 | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

関連記事
スポンサーサイト



2020-06-12 06:30 : 池袋のポテサラ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。
(記事で紹介しているお店の情報については訪店当時のものとなります。)

recommend_bnr01.png


お問合せは以下からお願いします。

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

アクセスカウンター