【2月の仁川】チャイナタウンで本場に引けを取らない今川焼きを食す

のっけから美味そうな写真でしょ?
でもこれ日本じゃないんですよ。
160225

今回から数回に分けて、先月初訪問した仁川市の記事をUPしていきます。



仁川市、空港はそれこそ何十回と来ていますが市内に来たのは初めて。
まずは早速チャイナタウンへ。



コリアンフード・コラムニストの八田靖史氏が1月に上梓した
「食の日韓論 ボクらは同じものを食べている」
売れてます。

詳しくはこちらをどうぞ⇒




こちらの本に掲載されている今川焼きのお店に来てみました。
160225





お店の名前は「紅豆餅(ホンドゥビョン)」
今川焼きの中国語表記だそうです。
もともと韓国では「オバンットク」という呼び方もあるんですが、ここはチャイナタウンという事でこの表記にしている模様。
看板には「IMAGAWAYAKI」の表記もあったんですが、撮影し忘れるというマヌケぶり^^;





味はあんこ、マンゴー、クリームチーズ、チョコの4種類。
一つ2,000ウォン。
160225






お店の社長が参考にしているのは日本の今川焼きだそうで、この鉄板もわざわざ大阪まで出向いて老舗の店で使っている鉄板と同じものを注文して取り寄せたのだそうですよ。
(この鉄板にしてから焦げ付きもなくなってキレイに焼けるようになったと仰ってました)
160225






厨房には具材が所狭しと。
クリームチーズはフィラデルフィアチーズを使っているんですね。
160225

160225






さっそく一ついただきます。
160225





わー、あんこがたっぷり
熱々のあんこは一粒一粒が大きいです。
生地もしっとりしていてこりゃハイレベルの今川焼きですよ!
ん、んまい!!
160225






もともとこちらのお店は「元寶(ウォンボ)」という餃子専門店の軒先を借りて屋台を出していたのですが、この紅豆餅を販売した途端に大ブレイク。
その後元寶の社長から頼まれて、店の方も買い取ったのだそうですよ。
160225






せっかくなので餃子もいただいてみましょうかね。
160225





韓国の焼き餃子(クンマンドゥ)というと、丸ごと油で揚げてあるものがほとんどですが、こちらの店はちゃんと油をひいて焼いています。
160225





醤油のほかににんにくダレもデフォルトでついて来るんですね。
これはバクバクいっちゃいますよ(^^)
160225

160225





八田氏の本を持った社長をパチリ。
160225





外に出てみたら屋台の方は大行列。
この日は平日だったのでまだこれぐらいの人数で済んでるんですって(!)
160225





忙しい中わざわざ見送りに来てくれた、屋台を任されている社長の息子さんもパチリ。
160225





次に来た時は今川焼き4種類全部を食べて、店内で餃子をアテにビールをクイっといきたいです(^^)



ブログランキングに参加しています。よろしければポチリとお願いいたします<(_ _)>

にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ




■紅豆餅(ホンドゥビョン/홍두병)

住所:仁川広域市中区チャイナタウン路48 (인천시 중구 차이나타운로 48)
TEL:032-764-9977

関連記事
スポンサーサイト
2016-03-05 11:19 : 仁川の食・酒 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム