FC2ブログ

【2017年5月の慶州⑥】慶州は実は港町なんだよ!「甘浦仲買人マガレイ刺身店」で新鮮なマガレイを堪能!!白身ときな粉の相性や良し♪

【2017年5月の慶州⑤】古都新羅の遺物の宝庫「国立慶州博物館」からの続きです。


国立慶州博物館見学の後、韓友に連れてきてもらったお店がこちら。
「甘浦仲買人マガレイ刺身店(カムポジュンメイン・チャガジャミフェッチプ/감포중매인 참가자미횟집)
20170504






開店直後だったので店内はまだ空いていましたが、実はこちらは超人気店。
帰る頃には店内満席になっていました。
20170504






メニューはこちら。
マガレイ専門店という事で刺身や焼きなど、いろいろな調理法で味わえるようです。
20170504




ここで一つ疑問が・・・。
「なぜ慶州でマガレイ?それも刺身??」



店名の「甘浦」というのが慶州の地名というのはわかりました。
そこから先が???



という事でコリアンフード・コラムニストの八田靖史氏にご教授をお願いしました。



▼「甘浦」慶州市内の海沿い地区を示す地名。
▼慶州で海といえば甘浦。甘浦港や甘浦海水浴場がある。
▼「중매인」は「仲買人」で、漁業関係者と消費者の間を取り持つ人のこと。
▼店名にする場合は、実際にそれを商売にしているか、そのぐらい安く鮮度のよい海産物を仕入れているというアピールであろう。
▼マガレイは東海岸の慶州、蔚山あたりが主産地。
▼甘浦港は冬場になるとズワイガニも有名ですし、マガレイのほか四季折々の刺身を食べられる。



なるほど~~~。
さすが慶尚北道広報大使の八田氏。
慶州の事も熟知してます




料理がテーブルに並びました。
20170504






捌きたての新鮮なマガレイ。
20170504







パンチャン。
20170504






「慶州法酒米マッコリ」
慶州以外にも慶尚北道の各地や大邱でも飲むことができます。
生マッコリではありませんが、すっきりした飲み口で美味しいマッコリです。
20170504







こちらのマガレイ、チョジャンときな粉(!)のかかった野菜と一緒に食べるのがオススメなんだそうです。
20170504






さっそく試してみたところ・・・
う、美味い!!
20170504

大邱でもマクチャンをきな粉につけて食べる店があったり、うどんの隠し味できな粉が使われる店があったりするのは知ってたのですが、刺身にきな粉というのは初体験。
チョジャンの酸味と辛味がまたいい具合に絡んで美味しいんですよね~。
箸が止まりません(*^_^*)






テンジャンチゲ。
胃が落ち着きますね。
20170504






マガレイにチョジャンをかけて、ごはんを投入。
20170504






ピビンしていただきました。
お腹一杯です(^^)
20170504




慶州と言えば古都。
勝手に京都と似たイメージで捉えていましたが、京都にも港町があるんですよね。
八田氏のおかげで四季折々の新鮮な魚が食べられることもわかりましたので、再訪する楽しみも増えました♪




ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーをポチリとお願いいたします<(_ _)>


にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ

ツイッターはこちら ⇒ 
インスタグラムはこちら ⇒ 



■甘浦仲買人マガレイ刺身店(감포중매인 참가자미횟집)

住所:慶尚北道慶州市東川洞775-1 (경상북도 경주시 동천동775-1)
道路:慶尚北道慶州市栢栗路65-2 (경상북도 경주시 백률로65-2)
TEL:054-773-3611
関連記事
スポンサーサイト



2017-10-08 11:49 : 慶州の食・酒 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。
(記事で紹介しているお店の情報については訪店当時のものとなります。)

recommend_bnr01.png


お問合せは以下からお願いします。

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

アクセスカウンター