FC2ブログ

【我らが慶尚北道!⑤】栄州編その③~韓国有数の高麗人参の名産地「豊基高麗人参市場」からチョングッチャンの名店まで

【我らが慶尚北道!④】栄州編その②~「順興キジトク」にて栄州名産のマッコリ餅を食すからの続きです。





今回の目的地でもあるこちらは・・・
「豊基高麗人参市場(プンギインサムシジャン/풍기인삼시장)」
20180629






高麗人参専門店がずらりと軒を連ねる市場なんです。
20180629



<豊基高麗人参>
三国史記(新羅本紀第八)には、734年に新羅の聖徳王(第33代)が唐へと賀正使を派遣した際、高麗人参200本を送ったという記録がある。小白山一帯は新羅における代表的な山参(天然の高麗人参)の産地であり、栄州市では豊基高麗人参のもっとも古い記録と位置付けている。また、朝鮮時代の1541年に豊基郡守として赴任した周世鵬は、豊基地区が高麗人参の栽培に適していることを見出し、山参の種をまいて高麗人参栽培に力を注いだ。
(八田氏資料より)




いやー、これは立派な高麗人参ですね!
20180629





これちゃんと土を落とせば購入して日本に持ち帰ることも可能なんです。
販売は750g単位で、お値段は2万~10万ウォンが目安。
「何年もの」の年数によって値段も変わってきます。
20180629





いやー、これ全部買ったらいくらするんでしょう^^;
20180629





お店の方の説明を熱心に聞いている八田氏と本田朋美さん。
20180629






市場の中には生の高麗人参以外にも高麗人参茶やエキス、はちみつ漬けや飴などを販売するお店も入っています。
20180629

20180629

20180629






こちらは高麗人参の錠剤やエキスを専門に打っているお店。
私も錠剤を一瓶購入しました(45,000ウォン)
毎日朝晩飲み続けて1か月。
朝の目覚め方がもう全然違います!
20180629





サービスでお湯で溶いた高麗人参のエキスを飲ませてもらいました。
韓方の風味がいいですね♪
20180629


生の高麗人参を日本に持ち帰る方法については八田氏がブログで細かく解説していますのでこちらをご覧ください


豊基高麗人参市場

住所:栄州市豊基邑西部里145-3 (영주시 풍기읍 서부리145-3)
道路:栄州市豊基邑人参路8 (영주시 풍기읍 인삼로 8)
TEL:054-636-7948





市場から出るとKORAILの豊基駅が見えます。
20180629





豊基高麗人参市場から道路を渡ったところにあるこちらのお店。
「ハンギョルチョングッチャン(한결청국장)」
20180629

栄州のブランド大豆、浮石太(プソクテ)を使ったチョングッチャン(納豆汁)で有名な店なんだそうです。





ランチタイムが終わって店内も落ち着いた雰囲気。
20180629






お店のスタッフの方に説明を受けるメンバー。
20180629





チョングッチャン定食にも興味はあったのですが、この後夕食が控えています。
店頭で販売しているテイクアウト用のチョングッチャンを購入する料理研究家の面々。
ホテルの冷凍庫で凍結させて、無事日本まで持ち帰れたそうです。
20180629

20180629






私はこの丸めて乾燥させてチョングッチャンを購入しました(18,000ウォン)
匂いもきつくなく、毎朝ポリポリ食べています。
だいぶ腸内も整えられましたかね?(^^)
20180629


お店を後にした一行。
いよいよ初日の夕食会場へと向かいます。
「栄州編その⑤」につづく)



ハンギョルチョングッチャン

住所:栄州市豊基邑西部里138-10 (영주시 풍기읍 서부리 138-10)
道路:栄州市豊基邑人参路1-1 (영주시 풍기 읍 인삼로 1-1)
TEL:054-636-3224



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!



にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 
関連記事
スポンサーサイト
2018-08-11 13:43 : 2018年慶尚北道FAMツアー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。
(記事で紹介しているお店の情報については訪店当時のものとなります。)

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム