FC2ブログ

東京で本格的な冷麺を食べるならここ!大久保「板橋冷麺」の水冷麺

8月の下旬、新大久保で行われたとあるイベントの後、打上げで訪れたのがこちら。
「板橋冷麺」
1_201809302004033df.jpg
実は初めての訪問になります。


「いたばしれいめん」ではなく、「パンギョれいめん」(正確には「パンギョネンミョン」)と読みます。
こちらのお店は韓国料理店。
「板橋(パンギョ)」というのは、このお店の社長の出身地である韓国・忠清南道の「板橋(판교)」という地名から取っているんですね。





この日の宴会は会費制のコース料理。
まずはキムチの盛り合わせ、ナムルの盛り合わせ、チャプチェ。
2_20180930200405f9b.jpg




続いてはヤンニョムケジャン。
これ食べ始めるとみんな集中しちゃって会話が弾まないんですよね(笑)
3_20180930200406d15.jpg




続いて出て来たのは何とカンジャンケジャン!
実は今年食べるのは日本・韓国を通じて初めてです。
4_2018093020040771b.jpg




カンジャンの漬け汁の残った甲羅にご飯とカニの内子をたっぷり入れて混ぜ混ぜして食べるともう・・・
さすがご飯泥棒と呼ばれるだけの事はあります。
5_20180930200408643.jpg





もう一つのご飯泥棒がこちら「コダリチム」
干したスケトウダラの煮つけなんですが、この汁もご飯との相性バッチリなんですよ。
たぶんこの段階で白飯2杯ぐらい食べてたような気がする。
(だから酒の写真が残ってなかったのかw)
7_20180930200412274.jpg




桜海老のチヂミ
表面カリッ、中はふわっと。
6_2018093020041000a.jpg





店内には数多くの韓国有名人のサインが飾ってあったんですが、クァク・ドウォンとラ・ミランのサインは初めてみましたよ^^;
シブい!シブすぎる!!そして羨ましい・・・
10_20180930200416136.jpg

11_2018093020041773c.jpg





トトリムッ(どんぐりの澱粉を固めたもの)
箸休めにいいですね~。
8_201809302004159d4.jpg





チーズタッカルビ
最近はどこの韓国料理店に行ってもよく出ますね。
松屋でも食べられるぐらいですから(笑)
9_20180930200417ef9.jpg





そしてこの日の〆にしてメイン料理「水冷麺」
12_2018093020042197f.jpg





白濁しているのは牛骨をじっくり着込んだスープ。
シャリッとしていて冷たいスープは一口啜ると最初は甘味が、その後から深くてコクのある甘酸っぱさがやってきます。
これは美味い
13_20180930200420a36.jpg





麺は九州産さつまいもの澱粉から作る自家製麺。
細くてコシのある麺がまたスープとよく絡むのです。
その前に散々食べていたにもかかわらず、一心不乱に啜りまくってあっという間に完食。
14_201809302004229e9.jpg




店内も大盛り上がりでした。
15_201809302004234d9.jpg


焼肉店で〆に食べる冷麺って、あまり美味しいと思って食べたことないんですけど、ここのは美味しいです。
ランチもやっているようなので、いずれ冷麺を全種類制覇しなければと心に誓ったのでした(^^)b



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!



にほんブログ村

韓国旅行 ブログランキングへ

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 




関連ランキング:韓国料理 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅

関連記事
スポンサーサイト
2018-10-01 06:28 : 新大久保・大久保の韓国料理 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。
(記事で紹介しているお店の情報については訪店当時のものとなります。)

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム