FC2ブログ

再び赤坂は四川料理の名店で激辛料理に悶絶。「四川DINING 望蜀瀘」

10月の頭にお誘いいただき初訪問した「四川DINING 望蜀瀘(ぼうしょくろ)」をブログで紹介したところ、中華料理好きの友人たちが一斉に反応し、翌月末に再訪することとなりました。
1_2018123111204249d.jpg

【前回記事】
「マツコの知らない世界」で1位になった超激辛絶品火鍋でデトックス!赤坂「四川DINING 望蜀瀘(ぼうしょくろ)」の火鍋コース




今回はコースではなくアラカルトにしました。
まずは「空芯菜炒め」
しんなりとシャキシャキが混在した絶妙な炒め具合。
乾杯ビール(写真撮ってない^^;)との相性もバッチリです。
2_2018123111204449b.jpg




「ザーサイ」
これは箸休め用に。
3_2018123111204562b.jpg




「ピーマンとピータン和え」
ピーマンが白髪ネギに見えるのは気のせいでしょうか…
4_20181231112046b92.jpg




「鶏肉と唐辛子炒め」
これはもう鶏肉と唐辛子のどっちが主役なのか分かりませんね^^;
唐辛子のエキスをたっぷり吸った鶏肉は食べているうちにじんわりと汗をかいてきます。
6_20181231112049a59.jpg




花椒もたっぷり入っていますもの・・・^^;
7_2018123111205019d.jpg





紹興酒が進みますね~。
13_2018123111205918f.jpg




そして「二色火鍋」がセッティングされます。
薬膳火鍋麻辣火鍋が一度に味わえるのはいいですね。
いいんですが・・・^^;
8_20181231112052dfe.jpg





豚、ラム、牛を投入して野菜もどっさり入れていただきますよ。
9_20181231112053f65.jpg

10_20181231112055410.jpg

11_201812311120569f8.jpg

12_20181231112058bac.jpg





いやー、再び食べてもやっぱり辛い!
激辛です!!
頭皮から額から流れ落ちる汗はハンカチ程度じゃぬぐいきれません(私の場合)
当然タオルは持参しております(^^)b
14_2018123111210138a.jpg
でもこれが後引く辛さなんですよね~。
舌も痺れまくっているのに箸が止まりません。
中国3000年の味はダテじゃないっすね!





キュウリがもうオアシスのような存在に(笑)
5_20181231112048968.jpg




紹興酒もどんどん進みます。
17_20181231112105097.jpg




「イカとカシューナッツの辛味炒め」
イカは冷凍じゃなくて生を使ってるんでしょうかね。
柔らかくて、そしてカシューナッツの風味がいい具合でまとわりついていて美味しいです!
15_20181231112102d23.jpg





最後に「手作り焼き餃子」を。
大きめの餃子の皮はもっちもち。
具がたっぷり詰まった餃子を2個も食べればもうすっかり満腹。
16_201812311121048c3.jpg


いやー、今回も美味しゅうございました。
中華料理の辛さはほんとクセになりますね。
また来年も折を見ては再訪したいと思います。
ランチの麻婆豆腐がまた絶品と聞いておりますのでそちらも(^^)



ブログランキングに参加しています。
励みになりますのでバナーのクリックをお願いします!



にほんブログ村

B級グルメ ブログランキングへ

インスタグラムやってます ⇒ 
ツイッターもやってます  ⇒ 




関連ランキング:四川料理 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

関連記事
スポンサーサイト



2018-12-31 12:04 : おいしいもの : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポテサラ男爵

Author:ポテサラ男爵
                           ポテサラは外で食べるのも家で作って食べるのも大好き!
韓国の食と文化にも興味があり、年に数回韓国の各都市(最近は特に大邱市が多いです)を訪れています。
日々是好日。
ご笑覧いただければ幸いです。
(記事で紹介しているお店の情報については訪店当時のものとなります。)

recommend_bnr01.png


お問合せは以下からお願いします。

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

アクセスカウンター